読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「MessageLeaf (メッセージリーフ)」の立上げ日誌~ウェブサイトにあなたと私の関係を~

「MessageLeaf (メッセージリーフ)」の開発から事業立ち上げに至る日々を綴ります。 Twitterアカウント:@acesuzuki

使ってみて分かったMessageLeafの特徴その2:「不特定多数の相手からダイレクトに自分に向けたフィードバック」

前回(http://messageleaf.hatenablog.com/entry/2012/08/22/104525、「どんな情報を(What)」「誰から(from whom)」「誰に向かって(to whom)」の3つの視点考えた時のMessageLeafの第一の特徴が、「深い、ポジティブ寄りのフィードバック」であることを書きました。

 

今回は「誰から」「誰に向かって」の視点です。

 

<誰から:MessageLeafは、全方位からフィードバックが入り得る>

「誰から」という視点で考えた時の、FacebookTwitter、自ブログのコメント欄、はてブ、のそれぞれ特徴です。ここでは、自分(フィードバックをもらう側)にとって、強い結びつき(Strong tie)のある人、弱い結びつき(Weak tie)のある人、結びつきのない人、で分けて考えます。

Facebook

そもそもFacebookでつながっている人という特性上、リアルでも自分と強い結びつき(Strong tie)のある人からのフィードバックが主体になります。Facebookでつながるのを広範囲のお付き合いまで広げている人は、弱い結びつき(Weak tie)の人も入るかもしれません。

Twitter

まず一義的には、Twitter上で自分をフォローしている人からフィードバックが入ります。自分にとって実際に強い結びつきがある人もいますが、弱い結びつきの人もいれば、当人にとっては実際は結びつきはないと言っても構わない人もたくさんいるでしょう。さらに、RTで拡散されていったものに対してされるフィードバックについては、まずもって知らない人からのものが殆どと想定されます。

■自ブログのコメント欄

これは、結びつきの強さに拘わらず、全方位的に誰でも入ってくる可能性があります。

はてブ

これも誰からでも入ってくる可能性はありますが、FacebookTwitterがこれだけ普及してくると、結びつきののある人が敢えて「はてブ」でコメントするというのも考えにくいです。

MessageLeaf

MessageLeafの場合は、全方位的に誰からでも入ってきます。内容との組み合わせで言えば、強弱に拘わらず結びつきのある人からは、「内輪ネタ」がらみのコメント。たとえば、「XXの講演会で会ったXXです。あの時講演で話されていたことが、こうしてXXになったのを知って、とても嬉しいです。」みたいな感じのものです。結びつきのない人からは、ファンレター的なものだったり問い合わせだったり。

 

ということで、フィードバックの送り手としては、MessageLeafはブログコメントと同様に全方位的、というのが結論です。

 

MessageLeafは、自分向けのメッセージ>

では次に、「誰に向かって(=誰が見る)」という視点で考えた時の、FacebookTwitter、自ブログのコメント欄、はてブ、のそれぞれ特徴です。ここでは、自分、自分の知り合い、自分にとって知らない人で分けて考えます。

Facebook

Facebookでは色んなケースがあり得ます。DMで来る場合は自分向け、自分の投稿にコメント付けてきたり「いいね!」を押してくる場合は自分の知り合い向け、シェアしてコメント付けたりする場合は自分の知らない人向け、という感じ。

Twitter

TwitterFacebook同様、使われるものによって変わってきます。DM機能はありますのでその場合は自分向け、@メンションで飛ばしてくる場合は自分とフィードバックの送り手の両方をフォローしている人なので、それなりに自分の知り合い向け、普通にRTしてくる場合は基本は自分にとっては知らない人向け、となります。

■自ブログのコメント欄

そのブログ読んでいる人すべてになので、「全方位的」と言ってかまわないでしょう。

はてブ

TwitterRTのケースと同じで自分の知らない人向けのみ、と考えて良いと思います。

MessageLeaf

MessageLeafの場合は、1on1のコミュニケーションなので、完全に自分向けのみです。

 

ということで、フィードバック情報の方向性としては、FacebookTwitterDMと同様、MessageLeafは自分向け限定、となります。ただし、FacebookTwitterDMは、自分がつながることを認めた相手、すなわちかなり強い絆で結ばれた人からしか入りようがありません。

 

「FBやTwitterでもDM機能はあるけれど、DM送れる人は限定されちゃいますよね。MessageLeafはそれができます」、ってことですね。