読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「MessageLeaf (メッセージリーフ)」の立上げ日誌~ウェブサイトにあなたと私の関係を~

「MessageLeaf (メッセージリーフ)」の開発から事業立ち上げに至る日々を綴ります。 Twitterアカウント:@acesuzuki

年の瀬のビックリ~「Thanks!」ボタン~

「いやぁ、こんなことあるものなんだな~」、とビックリしました。 

昨日読んでいた日経ビジネスオンラインの記事、「『リーダーや経営者に必要な資質』で誰も指摘しないもの」の最後のページのことです。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20121225/241525/?P=3

 

この記事、面白法人カヤックの柳澤さんが連載されている「ビジネスという奇妙な冒険」のものですが、記事の最後に

 

面白法人が運営するありがとうを増やすサービス

THANKS

 

とあるではないですか!

そして、このTHANKSのウェブページを覗いてみると、「Thanks!」ボタンが存在しています。

http://thanks.kayac.com/ja/static/thanksButton

 

実は、MessageLeafの原型では、まさにこの「Thanks!」ボタンをイメージしていました。この辺りの経緯はソニックガーデンのHPに掲載されている「MessageLeafの出来るまで【その1】〜考えついたものは大体誰かがやっている〜」(http://www.sonicgarden.jp/110)にも出ているのですが、こうやって自分が考えついたと思っていたものが、まさにこのタイトル通りに「誰かがやっていた」わけです。(カヤックさんのHPを拝見したら、2006年にスタートしたもののようです)

 

Thanks!」があふれることが世界を良くしていく事につながる、という世界観はMessageLeafが目指している世界観とも当然のことながら非常に相通じるものがあります。また、冒頭の記事中にある「人を善なる見方をする」というのは、MessageLeafというサービスが成立する大前提です。読者と作者、双方が互いに「善」を相手に見出すからこそ、付加価値が生まれると考えています。

何か、血の繋がった兄弟に偶然出会ったみたいな感じといったらよいでしょうか。

f:id:healthsolutions:20060325142334j:plain

 

2012年は本ブログも含め、MessageLeafにとっては「誕生の年」でした。今年一年の読者の皆様の温かい応援に感謝いたします。

2013年、円高デフレから円安インフレへの大きなトレンド転換が起きた今、日本発の小粋なサービスや製品が世界に羽ばたく「グローカル時代」の幕開けだと思っています。MessageLeafも世界への飛躍の年にしていきますので、どうぞ本ブログ共々引き続きの応援をよろしくお願いいたします。

 

皆さま、佳い新年をお迎えください。